冷凍状態を維持できる工夫

冷凍食品の物流は?冷凍のまま運ぶ技術とは

適温を維持したまま運ぶ

今の物流業者は、冷凍機能が備わっているトラックを使っています。
ですから、冷凍食品でも関係なく運送できる仕組みになっています。
昔は、温度管理ができるトラックがありませんでした。
ですから常温保存ができる食品しか運ぶことができませんでした。
しかし冷凍食品が今は普及しているので、遠くに送りたいと考える人も増えています。
そんな人たちの願いを叶えるために、温度管理ができるシステムがトラックに搭載されるようになりました。

トラックのドライバーは、運転している時も荷物の様子や温度を確認してくれます。
ですから冷凍食品に異常が起こることはありません。
また出発する前に、冷蔵機能が正しく使えるのかもチェックしています。
機能が壊れている場合は、内部を冷やすことができません。
それでは、冷凍食品の状態が悪くなってしまいます。
そのような事態が起こらないように、ドライバーがしっかりトラック内部の温度を調整しています。

冷凍食品は、専用のトラックに詰め込まれます。
常温のトラックも物流業者は保有しているので、間違えないように分類しています。
昔は人間が手作業で荷物を詰め込んでいたので、ミスが起こる頻度も多かったと言われます。
しかし最近は、機械を導入している物流業者が増えています。
機械に任されば間違えることはないので、安心して冷凍食品を運べますね。
重い荷物でも軽々詰め込んでくれるので、人間の負担を削減することにも繋がっています。

TOPへ戻る